悩める女性が多いPMSの症状は上手に付き合おう

家族

血液をサラサラに保つ成分

婦人

青魚にたくさん含まれる

人間が健康に暮らすうえで欠かせないものでありながら、体内では合成できない脂質のことを必須脂肪酸といいます。必須脂肪酸には植物性のものと動物性のものがあり、前者はαーリノレン酸やリノール酸などがよく知られています。一方、後者の代表格とも言えるのがEPAです。EPAは正式名称をエイコサペンタエン酸といいます。血のめぐりが悪くなるいわゆる「ドロドロ血液」状態を予防するのに重要な働きを持っていますが、体内では作ることができないため食事などの形で外から補給するしかありません。EPAを多く含む食材には、イワシ・サンマ・アジなどの青魚があります。また最近ではサプリメントも出回っています。サプリメントであれば魚が苦手という人でも手軽に利用できます。

アレルギーの改善も

EPAには血小板が固まるのを防ぎ、血流を改善する作用があります。血液は全身に酸素や栄養分を運んだり、老廃物を運び去ったりする役目を担っています。血液のスムーズな流れを保つことは、健康を維持するためには非常に重要です。また、EPAには血液内の悪玉コレステロールや中性脂肪を減らす働きもあります。そのため、高脂血症や高血圧症などの予防にも役立ちます。さらに最近の研究では、EPAにアレルギーのもととなる酵素の活動を抑える働きがあることが判明しています。そのため、花粉症などの症状を緩和する効果が期待できます。サプリメントなどでEPAを補給する際は、DHAという別の必須脂肪酸と一緒に摂るよう注意すると、相乗効果が期待できると言われています。サプリメントの中にはこの2つの成分を一緒に配合した製品もあります。